結婚式の服装知識

初心者のためのスーツ情報サイト

結婚式二次会に着ていくスーツで気をつける事

結婚式二次会に着ていくスーツで気をつける事 フォーマルな衣装ではなく、セミフォーマルやカジュアルな服装での参加が常識的な結婚式二次会でもスーツの着用は可能です。
しかし実際に着用していくとなると「結婚式二次会に着ていくスーツは何がいいか」と悩む人は数多くいます。
特に結婚式でもネクタイ姿が当然な男性ならともかく、女性は色やデザインなど全体的なバランスに気を付けなければならないので大変です。
とはいえ男性も色については気を付けなければなりません。
例えば結婚式二次会では真っ黒な衣装と真っ白な服装はタブーとされています。
前者は葬式に赴く際の衣装になってしまうので祝いの席にふさわしくなく、後者は主役である新郎新婦のカラーだからです。
もちろんブラックは結婚式二次会のスーツの定番の色なのでジャケットやズボンに用いるのは問題ありませんが、配色に注意しなければなりません。
この点は女性も同様で、全身真っ黒や真っ白にせずジャケットだけを灰色やブラウンにするなど工夫が求められます。
明るい色の服を選んだりパーティー用のバッグなど小物をお洒落にしたり等控えめな着こなしが肝要と言うわけです。
男性はブラックにグレー、ネイビーの3色が基本的なカラーリングとなりますが、中に着るシャツを同色にせず白や水色など爽やかな印象を与えるものを選んだりゴールドといった光沢感があるネクタイをつけたり等女性ほどではなくともお洒落が必須です。

結婚式二次会に出席する際のスーツのマナー

結婚式二次会に出席する際のスーツのマナー 社会人として働き始めると、上司や同僚などの招待で結婚式二次会に出席する機会が多くあります。
ただ男性の場合、どんな服装で行けばいいか全く分からないと戸惑ってしまいがちです。
きちんとマナーを守らないと、周りから浮いて恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。
基本的に結婚式に出席する際は、男性はスーツにネクタイを身に付ける事がマナーとされています。
しかし、結婚式二次会の場合は、正式な服装に関する決まりというものが存在しません。
では、どんな服装でもいいというわけではなく、二次会が開かれる会場に合わせて服装を決めることが大事です。
例えば、ホテルにあるレストランなどフォーマルな会場で行われる場合は、スーツに白いワイシャツ、ネクタイが基本の服装となります。
あるいは、バーや立食パーティーなど少し砕けた会場の場合、多少はカジュアルダウンしても大丈夫です。
スーツの色やデザインを自由に選ぶことが可能といえます。
それと、結婚式二次会の服装においては不幸なものを連想させるデザインは避けることがマナーです。
たとえば、葬式を連想させる黒の服、動物柄は厳禁です。
それと、派手な色やデザインの服装も主役よりも目立ってしまうので控えた方が良いです。

結婚式二次会関連お勧めサイト

結婚式の二次会会場を探すのに便利です

結婚式二次会 名駅

Copyright © 2018 結婚式の服装知識 All Rights Reserved.